全身脱毛するなら医療クリニックと脱毛サロンのどちらがいい?

女性なら誰でも気になるのが体にあるムダ毛です。自己処理は頻回に行う必要があり、なにより肌を傷める可能性もあるため、全身脱毛するならプロに任せたいところです。プロによる脱毛はクリニックとサロンで受けることができます。では、このふたつは何が違うのでしょうか。そして全身脱毛をするならどちらがいいでしょうか。

全身脱毛料金の評判の良いクリニックでは医療レーザーを使った脱毛を行っています。黒い光に反応するレーザーを強い力で肌にあて毛乳頭を破壊します。毛乳頭は毛を生やすために必要な部位で、ここを破壊することで永久に毛が生えてこないようにすることが可能です。料金は高額な傾向にあり、人や部位によって痛みを強く感じることもある点がデメリットです。しかし、1回の効果が高いため、全身脱毛完了までの施術回数は少なく、期間も短くて済みます。医療機関のため、肌トラブル時にも適切に対応してもらえる安心感があります。

サロンでも、光を肌に当てて毛根に熱を集め、弱らせる方法が主流です。医療機関ではないため、体の一部を破壊する施術は行えず、あくまで毛根を弱らせることで減毛効果を得ています。そのため施術後に毛が生えてくる可能性もあります。メリットとしては料金が安い傾向にあり、また照射力が弱い分、痛みの度合いが少ないと言われている点があげられます。全身脱毛が完了するまでの施術回数はクリニックに比べて多くなり、期間も長くなります。全国展開しているサロンだと、どこの店舗で施術を受けてもいいといった融通も利かせられます。

サロンとクリニックのどちらにもそれぞれの良さがあるため、脱毛するならどちらがいいということはできません。費用はかかっても、安心で確実性の高い施術を希望するならクリニックがおすすめです。時間がかかっても費用をおさえたい、脱毛期間中に引っ越しの可能性があるという時はサロンがいいでしょう。