健康被害をもたらすと考えられているコレステロール蓄積の遺伝について

コレステロールの蓄積は健康被害をもたらすことが示唆されています。
家族の中に蓄積が起こっている人がたくさんいる場合には自分の遺伝的にそれが起こってしまうことを考えたほうがいいのでしょうか?
蓄積しやすさは遺伝することはありませんので家系的に改善することは不可能と考えてしまう必要はありません。
しかしながら、生活習慣によって蓄積しやすさが大きく変わってきますので、家族間で同じような生活習慣を持っている場合には蓄積が起こりやすくなってしまうことになります。
ですから、蓄積を起こしている家族が多くいる場合には自ら生活習慣を改善するようにすればかなりの割合で蓄積を予防することが可能になるはずです。
具体的には規則正しい生活リズムを刻むようにすると良いでしょう。
家族に巻き込まれないように自分なりの生活リズムを構築する努力が必要です。
食事なども食べ過ぎないようにすることはもちろん必要ですが、脂っこいものが毎日の様ように食事として提供される場合には自分で節制して摂り過ぎないようにすることも必要です。
アイスクリームなどの甘い物を食べる習慣を家族が持っている場合にはそれについても自制して食べ過ぎないようにすることが必要です。

なかなか一緒に生活をしている場合には難しい部分もあるかもしれませんが、食べる量を減らすことは可能なはずですので、それをまずは実行してみることがお勧めです。
余り体を普段から動かすことが無いという場合には積極的に体を動かしてみることもお勧めです。
沢山の栄養を摂取したとしても体を動かすことによってそれをすべてエネルギーに変えてしまえば、蓄積を防ぐことが可能になります。
それほど激しい運動でなくてもいいのですが、毎日決まった量の運動を欠かさず行って行くようにすることが最良の方法になります。

十分な睡眠をとれないという状態が続いてしまうと同様に蓄積の原因となってしまいますので、自分の生活パターンを家族に乱されることなく十分な睡眠をとることによって体を十分に休めることによって体の活力をアップさせることもお勧めです。
他の家族がそうだからということで自分も体質によって蓄積してしまうと思い込んでしまうのは全くナンセンスで意味がありません。
蓄積はいくらでも本人の努力で解決できる物ですので、毎日の生活の中でそれを予防したいものです。
それが確実に自分の体の健康増進につながっていくはずです。

https://www.uniondesmaisonsfrancaises.org